Sizuoka 静岡
 Home | Onsen Top |  
 赤沢温泉

 赤沢温泉ホテル
泉質/単純温泉
泉温/38度

効能/神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復

 友人4人と泊まったのがはじめで、その後何度か行っています。。ここは化粧品メーカーの経営する会員制リゾートの
ようでしたがが、今ではほとんどが一般の宿泊客のようです。はじめてのときは友人が偶然見た化粧品メーカーのパンフ
に載っていました。
清潔な建物でお部屋は和洋室と言った感じ。ベットが2個と畳の間がありました。お部屋に係の人とかがこないので、
ゆっくりできます。ま、布団は自分で引くのですが、かえってそのほうがいいかも。お風呂は大浴場に露天風呂、そのほか
、屋上露天風呂「天穹の湯」があります。海を見ながらのんびりとでき雨が降っていなければ最高です。(当日雨降って
た(-_-;)) どのお風呂にもバスタオル、フェイスタオル、ごしごしタオル(からだを洗うタオル:こう呼んでいた(笑))が使い
放題でさすが化粧品メーカーのところだけあって、化粧品も使い放題。食事は懐石風で、特に女性には至れり尽くせりと
いった感じです。エステもあるし、全自動麻雀卓も無料で借りられるし、チェックイン前についても、となりの日帰り温泉館
の無料券をくれるしと一日中ゆっくりのんびりとできるので、個人的には大好きな温泉です。

 赤沢温泉

 赤沢日帰り温泉館
泉質/単純温泉
泉温/38度

効能/神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復
 ↑の赤沢温泉ホテルのすぐとなりにある日帰り温泉館。ホテルからは、渡り廊下でつながっています。特に、露天風呂
からみる海がもう、眼も前にあるみたいな感覚で、暖かい日も、寒い冬の日もここにはいれば大満足といったところで
しょう。友人と泊まった時に、ここのエステに行きましたが、普段使っている化粧品や、アロマなどを駆使して、ほの暗い
お部屋でマッサージをしてくれる、極楽の瞬間でした。温泉にはいった後なので、結構もよくすっかり寝てしまいました。
また、家族やグループで利用できる、貸切の個室がなかなかです。露天風呂もついており、テレビや布団、アメニティも
浴場とおなじようにあるので、ホテル並みにくつろげます。

 網代温泉

 ペンションプラネタリウム
泉質/塩化物泉
泉温/27〜68度

効能/リウマチ・神経症婦人病ほか

 短大を卒業してから友人と行きました。今ではプラネタリウムを備えているホテルや、ペンションなど他にもあるようです
が、当時はこのペンションだけでした。ペンションに泊まる自体はじめてだったので超わくわくしましたし、夕食後の天体
ショーはとっても素敵だったとまだはっきりとおぼえています。彼氏とであればもっと良かったんでしょうねえ。(すまん、
M子(; ̄ー ̄A アセアセ・・・) 温泉は一般的な温泉でした。温泉場じゃなかったのであまりおぼえちゃいません。
 最近HPもできたようなのでみてみると、なんかとても綺麗になっていました。従業員さんも若い。ジュル あ、いえ
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ また機会があったらいってみようかしら。

稲取温泉

 いなとり荘
泉質/弱塩化物泉
泉温/84度
効能/神経痛、リウマチ、皮膚病、婦人病、慢性便秘、
打身、くじき

 稲取というと、海水浴場と思い浮かべる方も多いと思います。夏は道路も混むんですよね。ここの旅館にはかなり
小さい時と、学生時代と2回行った記憶があります。小さいころは親戚中でいったのですが、プールであやうく溺れる
危機に・・・。といっても、本人は、げらげら笑っていたそうです。このころから水は恐くなかったらしく、運動音痴でも
人並みに水泳だけはできます。ここも、そのころに比べたら改装もされているので、かなり良くなっているようです。

 伊豆長岡温泉

 いずみ荘
泉質/アルカリ単純泉
泉温/60度
効能/美肌?

 ここは、我が家のお気に入りの宿NO1です。特にこのいずみ荘は、伊豆長岡の1号源泉で、ほかの旅館は湯量が足らなくて沸かしているそうですが、ここは温泉100%だということです。温泉はさらっとしていますが、湯上りはつるつるすべすべでとっても気持ちいいです。今では、普通になりましたが、2個の貸し切り温泉があり、ここは無料で予約さえすれば入れます。洞窟の中にいるような「もぐらぶろ」と「露天風呂」がお部屋単位で貸しきれます。また、お値段の割に料理もこっていて、好きな料理のコースが選べるのも魅力です。お部屋は新、旧あるので、まあまあかなといったところですが、温泉と、お料理で堪能できることうけあいです。

 二葉 

 2005年、お正月を過ぎてから急にどっかの温泉に行きたいと言って決めた宿。旅行雑誌とHPのくちコミなどみて決めました。「小さな宿」とうたっているとおり、客室は13室、お風呂もこじんまりとしていましたが、お部屋もお風呂もとても清潔で係りの方もとてもアットホームな感じでした。食事は、部屋食にもできますが我が家は食堂派。ここも、食事処にて炭火焼が食べられるとのことなのでもちろんこちらにしました。ボリュームもたっぷりで、いつも食事がちょっとたらないかもと言っている旦那でさえも「もう結構」と大満足でした。貸切のお風呂もありますが、結構お酒を飲んじゃったので、今回はなしでした(; ̄ー ̄A アセアセ・・・。

 土肥

 星のなぎさ
夕日の名所として知られる土肥旅人岬の目の前に建つ
わずか10室のリゾートホテル。全客室ゆったり和洋室で
海一望露天風呂付。パブリックの貸切露天風呂は、珍しい
巨石を使った露天風呂もある。

 家族で春の旅行に、近場でどこにしようかと考えているときに思い立ったのがここ。以前HPを見ていていつか泊まって
みたいなと思っていたプチホテル。高台の海向きなのですべてのお部屋から海がばっちり眺められます。夕日は特に
最高。お風呂は天然温泉でこれまたすべて露天風呂。お部屋のベランダにも彩色陶磁器か総檜の樽のお風呂がついて
います。大き目のお風呂も貸切なのでカップルや家族で入るにはとてもいい感じ。ただ、屋根はあるものの、窓がないの
でいきなり外といった感じ。洗い場は中なのですがもろ、風が吹き込むので冬は寒いと思われます。部屋にはユニット風
呂もあるので、寒い日はこちらで洗ってあたたまってからベランダのお風呂に入るようにするといいかもしれません。
ベランダのお風呂のところでも体は洗えます。食事は懐石式で女性向け。大食漢の方はちっと物足りないかも(; ̄ー ̄A
アセアセ・・・。お部屋は、和洋室でベッドが二つと畳の間があるので4人でも十分の広さ。コーヒーカップとお茶コーヒー
がおいてあるのがなかなかポイントが高かったです。
 伊豆高原

 ポテリ
オーナー手作りの貸切風呂が二つあり。
皮細工やシルバーアクセサリの製作体験ができます。

 結婚してから温泉にはちょこちょこいっていましたが、ペンションはここが初めて。オーナー夫妻のアットホームな
くつろげるペンションです。和室もあるのでカップルばかりではなく家族連れや年配の方にも人気だそうです。オーナーは
皮細工もされるので、予約しておけばキーホルダーやコインケースを作れる体験皮細工もできます。外にはオーナー
手作りの!岩風呂がありました。もちろん温泉。ここがとてもよかったです。で、最近では水車小屋風呂まで手がけたそう
で・・・。海に近いのでお刺身など海の幸もたっぷり出て満足できます。最近では、手作りケーキの食べ放題もなさって
いるようです。

 伊豆高原

 ホワイトプリンセス
伊豆高原の閑静な高台に佇み、館全体がオーシャン
ビューの特等席。全5室のゲストルームは、ゆったりと
したスイートルームで海一望の温泉露天風呂付客室。

 外観は煉瓦風でとても綺麗です。内装もリバティの布を使ってあったり、お部屋も白を基調として、とても清潔感のある、
ゆったりとしたお部屋でした。なにしろ5室しかありませんから、そのあたりはばっちりでしょう。各お部屋にはユニットバス
の他、ベランダに海を見下ろす露天風呂があります。もちろんテレビをみながらだって入れちゃいます。24時間いつでも
入れますし、手足をゆっくり伸ばせ二人でも入れます。部屋の構造上ユニットバスへの入口が高くなっていたのでこの
あたりはちょっと・・・と思いましたが、お部屋の広さ、露天風呂で帳消しされました。また、ここはフレンチのコース料理
ですが、最後にミニ会席というか、おさしみと天ぷら、赤出しとご飯が少しづつ出るので、洋食だけではどうも・・・という
年配の方にもおすすめです。ただ、うちの旦那のようなおおぐらいの人はちょっと足りないかなという量なので、お菓子や
デザートを用意して置くといいでしょう(笑)。いままで泊まったペンションの中でも、ベスト3にはいるほど、我が家では
評価がたかいです。

 伊豆高原

 かえで庵
全室独自の玄関から入れるようになっている。朝食は
ルームサービスでゆったりと。

 おしゃれなやどとしてテレビでも放映されるプチホテルです。全室に専用露天風呂がついていていつでも入れるという
ところがよろしい。ひとつの建物ながらお部屋ごとに玄関がついていて完全にプライベートでくつろげます。食事は和洋
折衷のコース料理。別館の花彩亭とあわせて料理も評判です。朝食は、クロワッサンサンドやサラダフルーツなどの
入ったかごをお部屋に運んできてくれるルームサービス形式。私たちのような中年カップルでもかなり感動だったので
若いカップルならなお感動だとおもいます。家具もアンティークで落ち着いた雰囲気です。一泊がちょっと高めだが・・
(笑)。が、期間によっては女性半額などという時も あるので是非こういうときに企画してみてください。(笑)。